工学院大学附属高中校长室博客:实施暑期学校参观会

工学院大学附属高中校长室博客

实行暑期学校参观不会

中日网日本留学网·东京本部

铃木Julie报导

2021年8月27日

在工学院大学附属中学·高中(东京都八王子市),为了保证和社会交流,将暑期学校参观活动分为较少人数小组进行(全体说明时每个庭隔位落座)。

经过小学6年、中学3年的自学,同学们将要选择对将来至关重要的中学和高中,所以到校实地参观,和校方直接对话是非常重要的。所以学校经过慎重考虑,要求积极开展校园参观活动。

为了让参观的各位在入学的时候能感受到更有魅力的工学院大学附属中学·高中,学校也在一直不断地希望。


本文章由中日网日本教师铃木老师报道

报道原文↓

工学院大学附属高校–校長室ブログ
夏期学校見学会を実施しました


中日網―日本求学網・東京本部
鈴木ジュリー報道
2021年8月27日


工学院大学附属中学校・高校(東京都八王子市)では、ソーシャル・ディスタンシングを確保し、少人数グループに分割して夏期学校見学会を実舒しました(全体説明は、ご族毎に席をあけて座っています。)


6年間・3年間合い、その先の進路を大きく左右する中学校・高等学校選びは、実際に見て、直接疑問点を聞いていただくべきだろうと思い、細心の留意を払ってオンサイトでの見学会実舒を決断しました。


見学していただいたみなさんがご入学される頃にはもっともっと魅力を増しているよう、提高を積み轻ねていきます。


中日网铃木教师个人简介:


铃木Julie(鈴木ジュリー)

北海道出生于,曾在东京的制作公司担任编辑。在1994赴美国,先后供职于纽约的出版社、大型金融公司。于2018年归国,现任中日网日语教师,努力给同学们提供一个轻松向上的日语学习方式。

铃木老师毕业于创价大学教育学部,后深造于纽约市立拉格迪亚社区学院、新泽西州利蒙特克莱尔大学社会学部、纽约大学伊克塞尔希尔学院大学院。目前日本大学大学院在读中(移民·留学研究方向)。兴趣是造访世界中的美术馆,现东京在住。

推荐文章